2013年11月22日

四国学院大学SARP6「近代能楽集」を観て。

一夜たって四国学院大学「近代能楽集」について。
作品というより公演として。

今年3年目となる演劇コースですが、
学生たちの芝居を通して見てきて
その確実な成長ぶりを実感しました。

不思議なもので、高校演劇でも見られますが
今の3年生の1年目と、
今の1年生の1年目とでは
後者の方が確実にレベルアップしてるんですよね。

一年目は明らかに、作品に身体がついて行ってなかった。
それが今回は、三島由紀夫のテキストに
必死に食らいついていた。
演出の関氏の力はさることながら、
学生たちの演技に説得力が出てきた、ということだと思います。

すごーくエラそうに言うとですね、
発表から作品へと進化してるんですよ。
それってすごいことだと思います。

四国学院大学の学生たちの公演、
SARPは、ミシュランで言うところの
「わざわざ観に行く価値がある」企画のように
今回感じました。

もちろん好みもあるし、
公演によっての完成度も変わってくるでしょうから
誰しもが「面白い!」と思うわけにはいかないでしょう。

けれども「面白くない」にしても
文句の言い甲斐のある面白さに
なってくるのではないかな、と思いました。

より多くの方に観ていただきたいです。
そして「面白かった!」「面白くなかった!」と
大声で周りの人に伝えてほしいです。

作品をレベルアップさせるのは
学生たちであり、講師や先生方であり、
大学の支援だと思いますが、
公演をレベルアップさせるには
観客のみなさんの力が不可欠なんじゃないか、と
最近思うようになりました。

それが四国学院大学演劇コースを盛り上げるとともに
香川の演劇を盛り上げることになるのでは、と。

そして、四国学院大学には、善通寺外の香川県内のお客様を呼ぶことだけでなく、
県外のお客様に「わざわざ足を運んでもらう」
ことを意識して
これからの活動を進めてもらいたい、と思いました。

他県の演劇人も注目する演劇スポットが
香川にあるんだぜ〜と自慢させてください。

期待してます!

と、朝っぱらから小うるさい文章を書いてしまいました。
なんかエラそうなので、早めに削除するかも(笑)
関係者のみなさま、気に障ったらすみません〜
posted by 植田良子 at 13:13| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

気迫と情熱

「fringe」http://fringe.jp/経由でチェックしました。


地域劇団の継続的活動へむけた支援の意義と課題 −劇団「うずめ劇場」10年間の実践を通して
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/detail/4720081205000000;jsessionid=79EBC0B9D258D41AA3C6AC663E29CABA


北九州の劇団「うずめ劇場」の10年を
制作面から振り返っています。

自治体や企業からの助成金も大事だけど、
専門的なアドバイスやコンサルティング、
そして、人脈が生み出す“非”資金支援が重要、と書いています。

市民劇「さぬきシェイクスピア」の制作をしていた時、
たしかに「人とのつながり」の大切さを実感しました。
狭い高松だからこそ生まれる関係ってあるんですよね。

そしてそのような「つながり」を生むのは
文中にもありますが「気迫と情熱」をもって、でしょう。

そんな抽象的な、と思われるかもしれませんが、
やっぱりそれしかないと思います。

気迫と情熱でいきます!


posted by 植田良子 at 12:36| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

あいちトリエンナーレ評についてのメモ

この記事を読んで、
そういえば、と「fringe」のブログを見て、
うかつにも、一連の動きを見過ごしていたことを知った。

この記事は、それらの動きに関連してるんですか?

「企画批評」については、思うところがたくさんありますが、
発言すべき時に発言します。

とりあえず、今回の記事からスタートして、
動きを追った流れをメモ。

朝日新聞デジタル「あいちトリエンナーレ」
http://www.asahi.com/area/aichi/articles/MTW20131113240550001.html

Fringeブログ「あいちトリエンナーレ|中日新聞の座談会を高く評価するとともに、同新聞に反論も同等レベルの扱いで載せるべき」
http://fringe.jp/blog/archives/2013/11/02181635.html

Realtokyo「中日新聞5記者への公開質問状」(記事あり)
http://goo.gl/Qha4JW

twitterまとめ「中日新聞「あいちトリエンナーレ2013」記者座談会に対する芸術監督五十嵐太郎氏の連投」
http://togetter.com/li/583137
posted by 植田良子 at 12:09| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

その6「高校演劇も」

「高松に演劇拠点をつくりたい」その6「高校演劇も」


私は高校演劇出身です。

それも、かなりヘビーでディープな演劇部でした(笑)。

「高校演劇なんて」などと
言われることがあるのは知っていますが、
それでも私は、高校演劇に出会えて良かったです。
私のスタート地点です。

さて、今年も香川県大会の季節です〜。

個人的には、母校はもちろんのこと、
彼女が出ている高校や、
彼が書いている高校、
彼らがつくった芝居、など
気になる作品がいっぱいです!

一度、覗いてみてくださいませ〜

http://blog.livedoor.jp/kagawa_koenkyo/
posted by 植田良子 at 14:39| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

その5「まず飲もう!」

10年前から言い続けていて、
いまだ実現できていないことがあります。

それは「香川演劇人飲み会」です(笑)

年代やジャンル、方向性や好き嫌いは関係なく、
みんなで集まって、ワイワイやりましょうよ〜!!!
あ、申し訳ありませんが、高校生はノンアルコールで(笑)

演劇人が3人集まれば、演劇論に花が咲く。
じゃあ、100人集まれば
きっとものすごいことになりますよ!

それに、飲みの席でしか生まれないモノって
あるんですよね。確かに。絶対に。

理想は、居酒屋さんとかじゃなくフリーなスペースで、
自分が飲む分のお酒を持って集まる、というかんじです。

交通手段のことを考えると、
やはり街中がいいですかね。

自動車の人は乗り合わせて、
代行を利用しましょう。
(最近、代行の味を覚えました(笑))

というわけで、場所の情報を募集します。

できれば今年中に実現させたい!

よろしくお願いします!!!
posted by 植田良子 at 23:13| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

その4「演劇について考える」



演劇拠点が「演劇ついて考える」場所に
なればいいなと思っています。

そしてそれを熱く語ってほしいです。

そうするうちに、きっと、
熱が伝播していくと思います。
色んな人を動かすようになるんじゃないかな。

公演を行う以外にも、
演劇人がやらなくてはいけないことは
たくさんありますよ!
posted by 植田良子 at 23:35| 香川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

その3 演劇拠点って?

私がイメージする演劇拠点は、

アトリエがあって、そこで公演ができる。
サロンがあって、そこで会議や飲み会(笑)ができる。

まずそれが基本です。

でも何より、「人」が集まる場所がいいです。

演劇をする人
演劇を観る人
演劇にまだ興味のない人

そこに行けば「演劇」を覗ける場所にしたい。
縦にも横にも斜めにも、人と場所をつなげたい。

話が大きすぎますかねえ?(笑)

まず「人」と「場所」。
そこから始めます。
posted by 植田良子 at 10:52| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高松に演劇拠点をつくりたい その2

先日の表明に対して
たくさんの反応をいただきました。
うれしい!

しかも意外と県外の方からの
エールが多くて、ありがたいです。

「まだ何も考えてないのに
そんなこと書いちゃっていいの?」
と思われるかもしれませんが、
言ってみないと何もはじまらないんですよ!

現に、一回だけ、7〜8人の集まりで
同じ話をしてみたんですが、
早くも頼れる協力者が集まりました。

水紋が広がる時のように
私はその最初の一滴を落とすだけ。
そうやって、たくさんの人を巻きこんで
魅力ある企画にしたいです。

ではまた次回…
posted by 植田良子 at 10:51| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする