2014年02月26日

情報のバトンをつなげていく

先日の「応援してください!」の文章ですが、
たくさんのお友達からシェア・リツイート・いいね!を頂いたところ。

初めましての方が7名もシェアしてくださいました!!!

私としては予想外の数字です。驚異的です。
初めましての方の「いいね」も続々と集まってます。

情報のバトンを回してくださって、
本当にありがとうございます!

しかも、大阪と愛媛の方からは
企画に関して声をかけていただきましたよ。すげー!

そして一宮くんからは企画案まで頂いた(笑)。
四国村にある小豆島歌舞伎場です。

ここで何かやりたいですねえ。ワクワクしますねえ。

ゆくゆくは地域発のお芝居の創造発信を実現させたいです。
そのために今は、焦らず一歩一歩進んでいきます。

引き続きアイデアや情報もお待ちしていますね。
よろしくお願いします!
posted by 植田良子 at 16:04| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

「異化」と「文体」

昨日の文章へのたくさんの「いいね」と「シェア」、
ありがとうございますー!

あれは眠れない夜中に書いたものなので
深夜に書いたラブレターのようで
読み直すと我ながら恥ずかしいのですが(笑)。

ところで、先日の演劇どっとこむ・リーディング公演で
講師の多田淳之介さんが演出の手法である「異化効果」について説明をし、
実際にそれ用いて1本演出されていたのですが、
後から、これって音楽にもあるな、と気付きました。

前から「女性の気持ちを男性が歌った曲」に惹かることが多かったんですが、
(ユニコーン「おかしな2人」、徳永英明「ヴォーカリスト」)
それも「異化効果」のひとつですよね、きっと。
「他人の曲をカバーする」こともそれと近い要素があるように感じました。

また、「異化」と同時に「他人の文体と自分の文体をすりあわせる」
作業であるとも言えるかもしれません。
その両者のあいだに生れる摩擦熱が高いほど、面白いのかもしれない。

と、「文体 演劇」で検索したみたら、
第52回岸田戯曲賞での井上ひさし氏の選評がヒットしました。
http://www.hakusuisha.co.jp/kishida/review52.php
ちょっと意味は違うんだけど、興味深かったです。

というふうに、思考が次々と連なっていくのは
とても面白いですね。
posted by 植田良子 at 10:18| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応援してください

数ヶ月前に
「高松に演劇拠点をつくりたい」
という文章を書きました。

その際、予想外にたくさんの人が
反応してくださって、
とても嬉しかったです。
ありがとうございます。

また、あの文章の影響で
早くも新しい出会いの機会を
いただきました。

まだ具体的なアクションが
決まっているわけではありませんが、
いま考えているのは

小さい仕掛けを
たくさんの入り口を作って
色んな方向へ発射したいなと。

ワークショップなどから
はじめられればいいなあ。

そこでみなさまにお願いです。
応援してください!!!

例えば、私が何かの
イベントの告知をしたり募集したとき、
是非とも情報をシェア・リツイートしてもらいたいです。

もちろん主旨に賛同できない時は
無視してください。
でももし「なるほど」と思ってもらえるなら、
是非応援してください!

いや、私は演劇関係じゃないし、
演劇に興味のありそうな友達はいないし、
香川県外人だし、
そもそも友達が少ないし、という方。
そういう方にこそ
情報を共有して発信してもらいたいんです!

実際、今までも
「えっ、そんなところから繋がって、来てくれたの?」
という出会いはたくさんあったんです。

香川県は狭いので(笑)
がんばれば隅々まで情報を伝えられるはず!

応援をください!!!

是非とも是非ともよろしくお願いします!
posted by 植田良子 at 10:17| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

演劇どっとこむ・公開リーディング

サンポートホール高松・演劇どっとこむ
公開リーディングに行ってきました。

めちゃくちゃ面白かった!!!
観に行って本当に良かったー!

発表会自体が1本の作品として成立していました。

どういう風に面白かったのか詳しく説明したいのですが、
その場の空気感や微妙なニュアンスがうまく伝えられそうにないです。

演出をされた東京デスロックの多田淳之介さん、すごいですね。

来年は更なる動きがあるそうです。
これは見逃さない方が良いと思います。

ただ、今日は思ったより観客が少なくて
それがとにかく残念でした。
本当にもったいないです。

ワクワクしました。幸せです。


http://www.sunport-hall.jp/event/main/2014/post-8.html
posted by 植田良子 at 23:01| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

もったいない

何もしていない人間が、行動している人に対して
あれこれ言うのは失礼だ、とわかってはいるのですが、
やっぱりこれはどうしても疑問なので。

明日のサンポートホール主催の
「演劇どっとこむ・公開リーディング」と、
高松市主催の「高松市文化芸術振興条例制定シンポジウム」とが
同じ日・場所で行われるにも関わらず、
時間が被っている、というのはいかがなものだろうか。

どちらの活動もとても意義のあるものだけに
残念に思うよ。もったいない。


四国学院大学協働事業
演劇どっとこむ 公開リーディング
http://www.sunport-hall.jp/event/main/2014/post-8.html

高松市文化芸術振興条例制定シンポジウム
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/22230.html
posted by 植田良子 at 20:09| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

恋するフォーチュンクッキーとオリンピック

AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を
様々なコミュニティで踊って作品をつくる、
というのが流行っているそうですねー

これって平田オリザさんが言ってた、
昔の日本で言うところの
「獅子舞」や「祭」だよね。

ダンス作品の創作を通して
コミュニティの繋がりを再認識しているんだろうな、と。
もっと言うと、結束を固めようとしているのね。

そういうのって、やっぱり、
誰かに教えられた技術じゃないと思うんですよ。
自然と身についていたこと。

芸術・文化の社会的役割のひとつですよね。
経済的価値で計れないところでしょう。

スポーツも一緒だと思う。
「オリンピックに国費で参加しているのにフザけるな」
というのは、私としてはちょっと違うと思います。
お金で計算できないことはあるんだよ。
まあ、色んな意見があっていいんだけど。

ということを考えている
オリンピックシーズンでした。
posted by 植田良子 at 10:59| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする