2014年02月25日

「異化」と「文体」

昨日の文章へのたくさんの「いいね」と「シェア」、
ありがとうございますー!

あれは眠れない夜中に書いたものなので
深夜に書いたラブレターのようで
読み直すと我ながら恥ずかしいのですが(笑)。

ところで、先日の演劇どっとこむ・リーディング公演で
講師の多田淳之介さんが演出の手法である「異化効果」について説明をし、
実際にそれ用いて1本演出されていたのですが、
後から、これって音楽にもあるな、と気付きました。

前から「女性の気持ちを男性が歌った曲」に惹かることが多かったんですが、
(ユニコーン「おかしな2人」、徳永英明「ヴォーカリスト」)
それも「異化効果」のひとつですよね、きっと。
「他人の曲をカバーする」こともそれと近い要素があるように感じました。

また、「異化」と同時に「他人の文体と自分の文体をすりあわせる」
作業であるとも言えるかもしれません。
その両者のあいだに生れる摩擦熱が高いほど、面白いのかもしれない。

と、「文体 演劇」で検索したみたら、
第52回岸田戯曲賞での井上ひさし氏の選評がヒットしました。
http://www.hakusuisha.co.jp/kishida/review52.php
ちょっと意味は違うんだけど、興味深かったです。

というふうに、思考が次々と連なっていくのは
とても面白いですね。
posted by 植田良子 at 10:18| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応援してください

数ヶ月前に
「高松に演劇拠点をつくりたい」
という文章を書きました。

その際、予想外にたくさんの人が
反応してくださって、
とても嬉しかったです。
ありがとうございます。

また、あの文章の影響で
早くも新しい出会いの機会を
いただきました。

まだ具体的なアクションが
決まっているわけではありませんが、
いま考えているのは

小さい仕掛けを
たくさんの入り口を作って
色んな方向へ発射したいなと。

ワークショップなどから
はじめられればいいなあ。

そこでみなさまにお願いです。
応援してください!!!

例えば、私が何かの
イベントの告知をしたり募集したとき、
是非とも情報をシェア・リツイートしてもらいたいです。

もちろん主旨に賛同できない時は
無視してください。
でももし「なるほど」と思ってもらえるなら、
是非応援してください!

いや、私は演劇関係じゃないし、
演劇に興味のありそうな友達はいないし、
香川県外人だし、
そもそも友達が少ないし、という方。
そういう方にこそ
情報を共有して発信してもらいたいんです!

実際、今までも
「えっ、そんなところから繋がって、来てくれたの?」
という出会いはたくさんあったんです。

香川県は狭いので(笑)
がんばれば隅々まで情報を伝えられるはず!

応援をください!!!

是非とも是非ともよろしくお願いします!
posted by 植田良子 at 10:17| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする