2015年03月11日

日韓共同事業演劇公演「魚の帰郷」

以前から気になってたんだけど、
あれよあれよという間に当日になってしまいました。
年度末は時間の流れるのが速い〜

韓国の劇団「演戯団コリペ」による公演だそうです。
私はこれまでに5度ほど韓国の劇団によるお芝居を

観たことがあるのですが(原語・字幕で)
3つとも、とても“ドラマチック”でした。

韓国ドラマもそうだと思うのですが、
“ドラマチック”であることを大事にしている、
“ドラマチック”であることを恐れていない、
そういう印象を持ちました。

演技は感情が身体に満ちていて、
字幕無しでもストーリーを理解できました。

今回のお話は「日本(香川)と韓国」の物語ということで、
韓国の方から見た「日本」が観られるのかな、と興味深いです。
私個人は、文化には国境は無いと思っています。

とはいえ、もしかすると
「言葉がわからなくてチンプンカンプンだった」
という結果に終わるかもしれません(笑)。
でも、そういう経験も楽しいと思うんですよねー。
「わからない」ってワクワクしませんか? え、変人?(笑)

今日(11日)に観に行く予定にしています。
楽しみです!



++++++++++++++++++++++++++++++++++;
日韓共同事業演劇公演「魚の帰郷」
3月11日(水) 19:00〜
3月12日(木) 19:00〜
サンポートホール高松 第1小ホール
一般 2,000円
学生 1,000円

http://www.notos-studio.com/contents/event/event/639.html
posted by 植田良子 at 14:38| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする