2016年08月17日

りえちゃんのこと

8月16日(火)

朝、家具作業で出たり入ったり。午後から店へ移動。メールを書いたり。頭がまだ大部から切り替わらない。夜、部屋の掃除、大部荷物の片づけをしてようやくスッキリする。

「大部のできごと」振り返りシリーズ。りえちゃんのこと。今回、ボランティアスタッフ募集で参加してくれたりえちゃんは、演劇を観たことはあるけれど裏方の経験はないという人で、主に表方を手伝ってもらう予定だった。それが、私とシアデザ川田より2日早く現場に入ってくれた結果、私と川田より作品のことを把握することとなり、そのまま舞台スタッフをお願いすることになった。ぶっちゃけ「初心者が舞台スタッフ!!!」である。それでもりえちゃんはその仕事に果敢に挑戦し、見事やってのけてくれた。素晴らしい度胸と適応能力、集中力だ。

そんなりえちゃんは現場で常にキリリとした表情をしていた。4日寝食をともにする間も強い視線は変わらず、中国武術のインストラクターをしていると聞いたこともあって、そういう顔立ちの人なんだろうと思っていた。それが、公演が終了して現場を後にし港までりえちゃんを送った別れ際、りえちゃんの顔が別人のように柔らかくなっていたのを見て、これまでの緊張やプレッシャーや、そういう彼女が背負っていたものにようやく気付いた。そりゃそうだよね。

見知らぬ世界へ、見知らぬ島で、見知らぬ人たちと一週間をともにするという冒険をやってのけた彼女を心から尊敬する。

りえちゃん、おつかれさまでした。今度はお互い「フニャッ」とした顔で会いましょう!

2016-08-16 15.42.27.jpg
posted by 植田良子 at 12:03| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする