2017年06月27日

脳疲労

最近ますます脳が疲れるようになってきた。

以前と比べると集中力は持続するようになってて
続けて1時間半〜2時間は作業できるんだけど、
「やばい、これ以上は無理!」と気付いた時には
すでに激しい脳疲労に襲われている。

そうなると、回復まで最低でも1時間はかかる。
散歩したり、音楽を聞いたり、寝たり。

そういうのを3回繰り返すと1日が終わる。

回復にかかる時間がもっと短くなると嬉しいけど、
1年前と比べるとマルチタスクで作業が
進められるようになったし、
回復時間を折込済みで考えれば、焦る必要もない。

と、自分に言い聞かせている今日この頃。
posted by 植田良子 at 11:52| 香川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

トキワ街を文化発信交流基地に

私が高校生だったときの話。
というと、四半世紀前のことになりますが(笑)
高松中心部の商店街は、今よりもっと賑やかでした。
特にトキワ街は若者の集まる街でした。

社会人になって車移動が増えて、
商店街から足が遠のいて。
それが最近、シアデザの仕事で
商店街によく足を運ぶようになったのですが。

トキワ街、面白いじゃん!

と思い始めました。

トキワ街には現在、
高松DIME、SWAGG、高松MONSTAR、
の3軒のライブハウスがあります。
周辺の瓦町FLAGやオリーブホール、FEST HALL 、
ライブのできるカフェを合わせると、
10軒に近いかもしれません。

また、トキワ街を西に越えたところにある
ホールソレイユには、自分の住む県で上映されない作品を
観るために他地域からもお客さまがいらっしゃるそうです。
ご記憶の方もいらっしゃると思うのですが、
トキワ街には昔、2軒の映画館がありました。
西に出たところにも1軒。

四半世紀前の私が高校生だった頃、
学校帰りに「寄っていこうよー」と寄り道するのも
トキワ街にある店が多かったように思います。

雑貨屋、CD屋、本屋。
三ぶたでクレープを食べるか、
別の店でジェラートを食べるかを迷って、
そしてそこから際限のないおしゃべりが続く、、、

私が思うのは、昔のトキワ街は
「何かを買いに来る街」ではなく、
ただ「集まる場所」だったのではないか、ということです。

「集まる場所」には「人」がいて、
「情報」があり「交流」が生まれます。
それは「文化」だと思います。

そんな風に考えると、
以前のトキワ街は高松の文化発信交流基地だったし、
今でもそのポテンシャルは残っているのではないかな、
そんな風に考えるようになりました。
(場所の記憶の話になると大きくそれるので省略)

何かできないかなー。
何かやりたいなー。
そんなことを考えています。

と、口に出さないと前進しないので公表してみました。
「甘いこと言ってんじゃねえ」というお叱りの言葉も含めて
ご意見やアドバイスがあれば是非お願いします!

※ 写真はコトデン瓦町の旧駅舎。四半世紀前(笑)


kawaramachiS.jpg
posted by 植田良子 at 06:46| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

清水宏の“超むつごい!”4日間 in 高松、終了しました

久しぶりのブログ更新。

日々の記録をつけることすら難しくなっていて。それは忙しいからではなくて、翌日になると前日に何をやっていたか思い出せないからなんだな、、、

スタイル模索中。それはともかく。

『清水宏の“超むつごい!”4日間 in 高松』、終了しました。マジでむつごかったよ、、、。看板に偽りなし!

今回は、清水さんのむつごさに負けじと広報活動にかなり力を入れた。むつごく。そこから得た成果は大きい。手ごたえを感じたこと、次への課題など。

清水さんとのご縁がこの先どうなるかまだわからないけれど、“清水宏中毒者”を増やしているというと手ごたえはあるので(笑)、ご期待に添えるよう頑張ります。

以下は、最終日前日にFacebookに書いた文章。制作者としていかがなものかと思われるような文章だけど、本音だし、こちらでも掲載。

******************************************

清水宏の“超むつごい!”4日間 in 高松
遂にラスト! 4日目! 千秋楽!

私は舞台制作者です。
今回のように外から劇団やパフォーマーを
お呼びしての公演を企画することが仕事です。
仕事なので、色々な条件と照らし合わせながら
来ていただく人を決めます。シビアです。

でも、最終的には
「香川のみんなに観てほしい!」と
思えるかどうかが決め手です。

しかし、清水さんの場合は違います。
単に「私が観たい!」と思った。それだけです。
しかも「どうせなら色々観たい」という
それってただのワガママじゃん(笑)な理由で
今回の4デイズを企画しました。

まったく深く考えていなかったのですが、
“4日間、毎日違うことをやる”ということは
清水さんにとって、とてつもなく大変だったようです。
そのことに気づいたのは、初日が終わったあとでした。

それなら断ってよ、、、
でも、それを断らないのが清水宏という人なんですね。

3日間、清水さんは毎日違うものを見せてくれました。
そして本日、4日目、ラストです。
ラストは、清水さんがスタンダップコメディとともに
いま力を入れている、一人芝居です。

清水さんが公演前日に高松入りした日、リハをしました。
暗転の練習のとき、清水さんの演技に見入ってしまい、
操作するのを忘れてしまいました。

“役者・清水宏”がそこにいました。

とにかく、たくさんの人に観てもらいたいです。
11日午前7時現在、残席は2つしかありませんが、
立ち見ならご入場いただけます。

まずは、会場に来てください。
ほぼ、制作者にはふさわしくない文章になりました。
でも、いいんだもん!!!(笑)

NOAH's ARK でお待ちしています!!!

清水宏01.jpg
posted by 植田良子 at 08:33| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする