2014年07月28日

気持ちいい声

まもなくです!!!

先日ここに「気持ちよく大きな声をだせますよ」と書きましたが、
じゃあ「それってどんな声だよ」と思われる方が
いらっしゃるかもしれません。

たとえば、いま話題の『アナ雪』の日本語吹き替え版での
『ありのままに』を歌っている松たか子の声。
「大きい」とか「音程が合っている」ではなく、
「気持ちよさそう」だと私は感じました。

その「気持ちよさ」が、あの場面での登場人物の気持ちと相まって、
特に多くの子どもを引きつけているのではないかと思います。
子どもたちの身体は素直なので、その「気持ちよさ」が
ダイレクトに響いたんだと思います。

じゃあ、そんな声をどうすれば出せるようになるのか、
早く知りたい、と思われるかもしれません。
ですが、発声の練習は、とても気長にコツコツと
積み上げていかなくてはならないものなんです。
今日習ったからといって、明日できるようになるものではない。
しかも、練習でできていたからといって
本番でそれができるわけでもない。

しかし、まずは始めることです。
そのお手伝いができればとても嬉しいです。

お待ちしています!
posted by 植田良子 at 05:59| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする