2014年11月05日

公演チラシの有用性

香川県内に限った話ですが、
お芝居の公演を告知するチラシって、
今でも有用なんですかね?

みんな、大体どのくらい印刷するんだろうなあ。
折り込み分のみですかね。
DM分は必要か。
公共施設やカフェなどの各所に配布する分も?

演劇関係者ではなく、
各所に配布されたチラシを見て公演に足を運んだ、
というのは、印刷枚数に対してどのくらいの割合なんだろう。

というのは、私が現役で活動していたのは8年前で、
その頃に比べると、ネットを使った告知の仕方が
随分と違ってきてるように思うんですよね。
あの頃はFacebookもツイッターもなかったので。
(mixiはあった)

先日、FBでのワークショップ告知の投稿を
広告として出してみたのですが、
思いのほかたくさんの「いいね!」を頂きました。
実際の動員には結びつきませんでしたが
活動を広めるという意味では、かなりの成果だと思います。

例えば同じ人に情報を届けるとしたとき、
チラシとFB広告だと、
どちらの方が単価が安いんだろう?

最近の事情が知りたいなー。
でも、それこそが制作者のノウハウだから
教えてくれないだろうなー。ちぇー。

追記
芝居の内容やキャパ、呼びたい客層によっても
違ってくるね。
posted by 植田良子 at 11:18| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする