2016年08月16日

「江本純子の演劇教室」開催

8月15日(月)

朝イチに家具作業を1時間。その後甥っ子たちとともにスーパーへ買い物。父が朝釣りでキスをたくさん釣ってきたので昼ごはんから天ぷらを食す。

午後、江本純子さんによるワークショップ。佐久間麻由さんも参加されて、最初はシアターゲームから。そのあと、江本さんから配られたテキストを使ってグループごとにシーンをつくっていく。特に指示されることもなく、決まりがあるわけでもなく、でも、やりすぎると空気が壊れる。微妙な空気、微妙な関係性をそれぞれのチームが自由につくっていく。そして最後に一気に通してみる。同じ設定でつくっているはずなのに、グループごとに関係性が違って見える。可笑しい。

江本さんが言われていた「天然のままの面白さ」「何かをしようとしなくてもいい。」「何もしなくても何かが生まれる。」という言葉がとても印象に残る。新たな演劇観を見せてもらって、とても新鮮な体験だった。江本さんと佐久間さんの、また別の作品も観たいなあ!!!

WS後、家からの呼び出しに、挨拶もそこそこに帰宅。嵐のような一夜。疲れ果てて早々に寝る。

写真は「大部のできごと」シリーズA

2016-08-12 14.52.41.jpg
posted by 植田良子 at 13:59| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする