2016年12月21日

右脳率と左脳率と可塑的な脳

20日(火)

朝4時、弟からのLINEで目が覚めて、清水さんライブの本チラシ打ち合わせ。そのまま眠れなくなってブログを書いたりしたあと、何とか眠るも次は父に起こされて早朝家具配達(年寄りの朝は早い、、、)。眠気がとれないままマックで1人ミーティング&シアデザ川田とチャット朝礼。その後、店で清水さんライブ広報作業。

午後、一旦帰宅して仕事場で家具発送作業。中途半端な時間に終わってしまったので店に戻らずスーパーの駐車場に車を停めてメールなど。

夜、コーチの言葉に今日も目から鱗のあと、「逃げ恥」観てムズキュンすると同時に多様性や労働について考えたり。23時半からエゴナク穴迫くんと電話打ち合わせ。寝る。

前にも書いたかもしれないけれど、WSDに通うまでは自分は左脳派だと思っていたんだけど、とんでもない思い違いだった。というより、比率の問題なのね。周りの演劇人よりは左脳率(?)が高かったけれど、WSDの人たちに比べると右脳率が高い。だから、左脳率の高い人たちと話をしていると、彼らの頭のなかが整理されていることに驚く。だからといって、今からそうなれるわけでもなく、とはいえ、左脳的に物事を整理することで今抱えている問題を解決する糸口を得ることができるような気がする。ちなみに脳は可塑的らしい。がんばってみる。
posted by 植田良子 at 05:02| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする