2017年02月08日

アーティスト・イン・レジデンスにおける制作者の役割や業務

6日(月) 5時起きで友人宅を後にして7時半の飛行機で高松へ。帰宅してそのまま家具作業。合間に電話が数本。と、夕方になって変な咳が出るな、体が重いなと思っていたら喘息が出てダウン。夜の予定を1本キャンセル。薬を飲んで寝たら少し楽になったので明日のエゴナク打ち合わせ準備など。

7日(火) 朝、本日高松入りのブルーエゴナク穴迫くんと合流して打ち合わせ。その後、高松市文化芸術振興課にて打ち合わせ。昼食後(コロッケ定食300円!)、備品確認のため商店街・瓦町FLAGへ。帰宅して家具発送作業を1時間程。集中力と体力が尽きたので少し寝る。夜、エゴナク当日配布物製作作業など。

アーティスト・イン・レジデンスにおける制作者の役割や業務について考える。演劇の場合、どこまでをアーティストとと捉えるか。作演出だけか? 役者も含まれるのか? 裏方は? 制作は?

高松3.jpg
posted by 植田良子 at 00:38| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする