2017年09月29日

望ノ社 with ヤノミ「カバと結婚」制作協力&観た

【望ノ社withヤノミ「カバと結婚」】終了しました!
たくさんのご来場、誠にありがとうございました!
当日、予定を調整して急遽駆けつけてくださった方が
たくさんいらっしゃって、ありがたい限りですm(_ _)m

今回は私も本番を拝見することができました。
が……

とにかくスゴイ!
観ることができてよかったー!
そして、香川のたくさんの方に観てもらえてよかったー!

望ノ社による影絵劇「宇宙カバ」は、私の持っていた
“影絵”の概念をぶち壊すものでした。

まず、“スクリーンいっぱいに人形が動く”なんてものじゃない!
時にスクリーンから飛び出し、はみ出し、
縦に横に奥に手前に斜め向こうに、
縦横無尽とはこのことだ!と驚きました。

そして、ストーリーもキャラも独創的。
音楽も素晴らしい!
可愛くて切なくて愛しい、そして泣く…
いや、スタッフなので、涙はぐっとこらえましたけど。

そのような作品がライブで見られるということも
すごいことだと感じました。
広報の際のコピーとして、
“アニメーションをライブで観ているかのよう”
というものがありましたが、
ライブだからこその、アニメーションにはないブレが
物語に躍動感を与えていて、
これはもう、“生のアニメーション”という言葉では
魅力を伝えきれない!と断言します。

詳しいストーリーについては、
是非とも生で観てほしいので書きません。
ライブで体験してください!!

そして後半はヤノミさんによるスタンダップコメディ
『新郎新婦の入場です!』

笑ったー!!!
爽快ーー!!!

簡単に言うと“結婚式あるある”なんですが、
ヤノミさんの観察力と表現力によって
「そういうの、あるあるー!」と
「そんなことがあるのか!!」というエピソードが演じられて、
そのどれもが大袈裟ではなく抱腹絶倒で、
聞いているうちに「私はこんな経験がありました!」と
参加したくなるほどテンションが上がりました(笑)。

少しだけ(?)ブレンドされた毒も最高。
前から思ってましたけど、披露宴って不思議ワールドですよね…。
自分の時はやらないだろうなと。予定は無いけど。

けれど、ヤノミさんが実際に披露宴の司会をしながら
抱いているであろう、新郎新婦、そして列席されている方々に対する愛情も感じました。
ヤノミさんはきっと、ひとつひとつの披露宴の司会を
やるに際して、一球入魂で挑んでいるだろうな(笑)

それにしても、“大笑いできる”って幸せですね。
しかもそれを、同じ空間にいる見知らぬ人たちと共有できる。
会場全体が笑いで揺れるんです。
スタンダップコメディに関わって「幸せだなあ」と
思う瞬間です。

『カバと結婚』ツアーはこのあと、広島、米子、姫路、京都と公演があります。
お近くの方、是非観に行ってみてください!
情報はこちら

生でしか味わえない体験を!

Flyer_cover.jpg
posted by 植田良子 at 12:08| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする