2016年11月28日

東京デスロック「亡国の三人姉妹」と三浦基「観客はいつ来るのか」

11月23日(水)
勤労感謝の日。感謝しつつ勤労しようと思っていたのに、つい横になってしまい1日を寝て過ごしてしまった、、、

24日(木)
夜、四国学院大学ノトススタジオへ、東京デスロック「亡国の三人姉妹」を観に行く。面白かったよ。“劇場を出た時にそれまでとは世界が変わってみる芝居”だった。登場人物がみんな疲れていて、一緒にため息をついてしまいそうになるのだけれど、それを2時間観ている方はちっとも疲れなかった。物語に集中できた。

25日(金)
誕生日。43歳になりました。依然として風邪は治らず、、、

26日(土)
かがわ演劇祭、最終日。地点・三浦基氏の講演「観客はいつ来るのか」、面白かった! 三浦さん流の「演劇とは何か」、そして「観客はいつ来るのか」という問いにたいする答え。個人的にここのところ「観客はどこにいるんだろう?」と悩んでいたので、良いヒントを頂きました。演劇祭打ち上げでは西村和宏さんを捕まえて色々話を伺いました。いや、たいしたことは聞けなかったのですが、、、。そして帰宅して撃沈。

27日(日)
記憶無し。

28日(月)
30時間睡眠(!)の余波が午前中までつづき、何もできず。午後からやっと原稿作業。今週は話す仕事が2本。でもまだ声がガラガラ。不安だ。


2016-11-26 15.41.24.jpg
posted by 植田良子 at 16:23| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

「大人のためのエンゲキのアレコレ」終了。

11月18日(金)、安田さん来県。打ち合わせ(日本酒付き)。

19日(土)、夜、かがわ演劇祭・安田雅弘氏講演「大人のためのエンゲキのアレコレ」。初めて見る顔や久しぶりの顔など、色々な人たちが受講してくださった。“演劇には色々あるんだよ”という演劇鑑賞の手引き・導入編。難しそうに思える能や歌舞伎も、映像を見ながらの解説付きだとポイントがわかって面白い。勧進帳の六方は弁慶がなかなか前進しないけど、あれは急いでいる様を表現しているんだと言われるとナルホドと。小劇場に限らず色々な演劇をもっとたくさん観たいとあらためて思う。と同時に、地域ではその機会が少ないことをあらためて実感する。講演後、安田さん、山本先生、川田とで打ち合わせ(骨付き鶏付き)。その後、珈琲。安田さんを師匠と呼ぶことについてご了承いただきました。

20日(日)、夜、かがわ演劇祭。イースプラス公演とディスカッション。ディスカッションの様子を会場外から伺いながら、色々な演劇があるように色々な考えがあって当たり前で、それを無理にひとつの枠でくくろうとする必要はないのかもしれないと考える。どっちもあっても良い。それを押し付け合う必要はない。

21日(月)、富山からWSD同期のAちゃん来県。朝うどん、昼うどん、15時からビール。夜、Cちゃんも合流して、まったりコース。でも大笑いできてストレス発散。
posted by 植田良子 at 14:12| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

パラダイス仏生山、終わりました。

11月に入ってから日記を更新していなかった。風邪がつらかったからな。まだ治らないけどな。
そんななか、指輪ホテルと「パラダイス仏生山」は終了しました。
個人的には「なんとか終わった」というかんじ。
本当はもっとやれたことがあるのではないだろうか。
システムの再構築が必要なのではないだろうか。

夏からの一連の山を越えた感があります。
偶然、昨日、江本純子さんから電話を頂きました。
「大部のできごと」、懐かしい、、、(まだ3ヶ月前)

「パラダイス仏生山」のあと、1週間はダラダラ過ごして、月曜から再始動。
次は、かがわ演劇祭の講演。安田雅弘氏と三浦基氏。

演劇祭panf表面03.jpg
posted by 植田良子 at 05:59| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

眠気に勝てず

10月31日(月)

現場明けの月曜にしてはいつもより頭がクリアだし体も軽くて、メッセージのやりとり程度の作業なら十分できた。クリエイティブな仕事まではできなかったけども。

夕方、家具納品。

夜、急激な眠気に勝てず寝る。次に起きたら雨が降っていた。なるほど、雨の前の眠気だったのねと。作業いくつか。「パラダイス仏生山」大詰め!
posted by 植田良子 at 23:48| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うっかりしてました

しばらく日記を書いていなかったのは、体調が悪かったわけではなく、うっかりしていたからです。
以下、覚えている範囲で。



10月27日(木)
西日本放送ラジオ「演劇情報満載!初舞台への道」11月3日(木)分収録。いつもは生放送なんだけど、この日は「パラダイス仏生山」の本番日なので、収録にさせてもらう。「かがわ演劇祭」について。

夜、会場下見。良い感じの会場で、オーナーさんもとても協力的で、とんとんとんと話が決まった。高松で同サイズの会場を探すのは難しいので、大変ありがたい。



10月28日(金)
徳島の会場について、劇団まんまるの丸山さんにご相談。こちらも良い感じの会場が見つかる。ありがたい!



10月29日(土)
指輪ホテル@栗林公園。今までで一番寒かった日。夏の極暑を懐かしく想う。夏から秋へ駆け抜けた感あり。

夜、ヴィレッジ細川さんを囲んで懇親会。貴重なお話を聞かせていただく。

WSDの仲間が名古屋と京都から来てくれていたので、途中合流。なぜか白玉さんが同席していて(笑)、WSD番外編「アート実践講座」のようなかんじだった。

あー、ワークショップ、したいなあ〜。



10月30日(日)
指輪ホテル@栗林公園。私的には千秋楽。誰にも言わないけど(笑)。細かい変更がありながらも、いつも通りに終了。長丁場の公演に携わるのは初めてだったので、色々と勉強になった。撤収後、急いで帰って寝る。14時間睡眠。

posted by 植田良子 at 14:07| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

ありがたさに気づいてほしい

10月23日(日)

午前、家具納品作業。午後、「パラダイス仏生山」ペピン結構設計の里見さんと打ち合わせ。広報、当日運営について。夜、指輪ホテル「讃岐の晩餐会」帰りのシアデザ川田が自宅最寄りコンビニに寄ってくれたので、車内にてミーティング。現在進行中の複数の案件について確認。

ところで。

いま人気のドラマ「逃げ恥」の原作にこんなシーンがある。商店街組合の副理事長が主人公に言う。

「青空市のコーディネートを頼みたい。でもお金はない。ボランティアでお願いします」

主人公は「ただ働きはイヤだ」とことわる。しかしその後、些少の日給はでることになり、主人公は商店街内を奔走する。主人公はアイデア豊富で段取り上手だ。そうして青空市が軌道に乗り始めた頃に、副理事長が再び主人公に言うのだ。

「以前さあ、ただで協力しろって言って悪かったね。誰にでもできることちょっと手伝うだけじゃんと思ってたけど、こんなにたくさんやることがあって、いろいろ考えてくれて、ほんとありがたいと思って。それをただでやらせようなんてこっちが図に乗ってたなって」

そういうことだと思うんだよ。ただ、謝ってほしいわけでもない。気づいてほしいのだ。ありがたさに。



50EDA9C9-B22C-4F1B-B107-0D29E01684AF.png
posted by 植田良子 at 10:51| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

感謝します

10月21日(金)

午後、家具作業。夜、新しい企画のための文章を書く。なかなかに難しい。



10月22日(土)

指輪ホテル「讃岐の晩餐会」現場。夏会期から16回目にして遂に雨が! しとしとと降り続く、香川では珍しいタイプの雨で、ずーっと濡れていた。明日、風邪をひく自信がある。しかし、最後まで集中して観てくれたお客さまに感謝。そして、手伝ってくれた進行スタッフのみなさんに感謝。
posted by 植田良子 at 21:57| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

失った信用を再び取り戻すことの難しさ

10月20日(木)

午後、家具作業。夜、メール作業など。

Sくんから非常にありがたい申し出をいただく。本当にありがたくて泣けてくる。がんばりたい。

そうそう、某プロジェクトもはじまったんだ。こちらも精魂振り絞ってがんばらねば。死なない程度に。

一度失った信用を取り戻すには、ものすごい努力が必要だ。二度と信用されないかもしれない。それも仕方ない。再び信用されなくてもいい人は別として(笑)。でも逆に、私は、相手が信用を失うようなことをしたとしても、できるなら早く再び信じたい。その言動はきっとその人の一部分だと思うから。
posted by 植田良子 at 10:35| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

6日分(メモ程度)

10月14日(金)
夕方、エゴナク穴迫くんと合流。高松市AIR打ち合わせ。その後、骨付き鶏を食べて、穴迫くんをお見送り。


10月15日(土)
風邪をひく。指輪ホテルもumie公演にも行けず。


10月16日(日)
回復して指輪ホテル現場へ。夕方の上演時間帯が夏に比べると暗いため、照明機材が入っていた。本番前と最中にもイレギュラーな出来事がいくつか。即座に対応してくれる進行スタッフの皆さんに感謝。


10月17日(月)
前日の疲れがとれず寝てばかり。


10月18日(火)
やっぱり寝てばかり。


10月19日(水)
ようやく視界が晴れたかんじ。急ぎの用件から済ませていく。Sさんライブの会場探しに難航。そもそもの条件に無理があるのではないかと予算書を見直したり。


posted by 植田良子 at 11:10| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

指輪ホテルのスタッフ募集と優秀な黒子について

10月13日(木)

午後、家具作業。終わった頃から気分が悪くなる。いつものダウナーとは違い、風邪っぽいかんじ。夜の高松市AIRの予定をキャンセルして部屋にこもる。

ところで、夏会期よりお手伝いしています、指輪ホテル「讃岐の晩餐会」。
進行スタッフを募集しております。
日程は、15日、16日と10月22日、23日、30日、11月5日です。
栗林公園にて、9:00〜19:00(応相談)

私もシアデザ川田とともに現場にも入っています。

進行スタッフ、すなわち舞台監督助手、すなわち黒子。

思うんですけどね、優秀な黒子は優秀な役者だろうと。

夏を通して何人もの方にご協力頂きまして、
一緒に仕事をするなかに普段は役者をしている人もいたのですが、
黒子としての動きを見ると、
その人の演技力がわかるような気がしました。
逆に言うと、ダメな役者は黒子としてもダメです。

すみません。脅しているわけではありません(笑)

というか、黒子として裏側から芝居を観ること、
芝居の雰囲気を読むこと、呼吸を合わせること、
どれも役者の訓練になるよなあと思ったわけです。

というわけで、役者の方にこそお手伝いいただきたい。
ご協力、よろしくお願いします<(_ _)>

ファイル 2016-08-19 13 07 15.jpeg
posted by 植田良子 at 22:39| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

かがわ演劇ニュース・紙版、協力者&アイデア求ム。

9月12日(水)

午前、ダラダラと買い物。午後、家具作業。予定より早く終わったので、カフェで1人ミーティング。と、店員さんに「パラダイス仏生山」のチラシを置いてもらえるか尋ねたらオッケーが貰えた。終わったら取りに来よう。残枚数を確認しよう。あと、半分に折ったものの方が都合が良いとのことだった。その辺もこれからの課題だね。夜、「パラダイス仏生山」チラシ発送作業。

ここからはFacebookと同じ文章です。

シアデザがTwitterで運営している
「かがわ演劇ニュース」@kagawa_engekiの
紙版を作りました。
手書きです。私の。下手くそですが。

カッコイイのを作ろうとか、どのように使おうとか、
そういうことを考える前に作ってしまいました。
ま、いつものことです。
相棒の川田くんは私のそういう言動に慣れているので
「またですか」というかんじでした。

ただ、演劇の公演にチラシを折込ませていただく
という広報の仕方には限界を感じていて、
演劇を観たことの無い人に、情報を、
いや、熱を、伝えるにはどうしたらいいかと考えて
作ってみました。

そういうわけで、作ってから使い道を
考えているわけなんですが、もしも、
「置いてあげるよ!」
「配ってあげるよ!」
という方がいらっしゃいましたら、
声をかけていただけませんでしょうか、、、!!!

また、「こんな使い方があるんじゃないの?」
というようなアイデアがあれば、
ぜひ教えてください!

よろしくお願いします〜〜〜!!!


写真 2016-10-12 16 51 22.jpg
posted by 植田良子 at 22:37| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

買い物しました

10月11日(火)

午前、マックでひとりミーティング。パラダイス仏生山と高松市AIRについて。そのあとペピン里見さんと電話打ち合わせ。

午後、朝から高松市AIRで取材をしていたエゴナク穴迫くん一行と合流。3店舗の取材に同行する。すべての店で買い物をしてしまったよ。夕方、キャストの方と顔合わせ。

夜、シアデザ川田から週末からはじまる指輪ホテル秋会期のスタッフ募集状況を聞きつつも、3店の個性的な店主さんの話を聞いた疲れがどっと出て、早々に寝る。

写真は今日の戦利品。

69399972-D608-44F4-9138-C1FED57FD3B7.jpg
posted by 植田良子 at 12:10| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

腰痛

10月7日(金)

午前、家具納品。午後、出荷作業。しかし、半分終わったところで途中休憩してうっかり横になってしまい、そのまま夕方まで寝る。夜、演劇祭チラシ作業。A2の4つ折りなのでデータを確認するにも時間がかかる。



10月8日(土)

午前、シアデザ川田とチャットミーティング。各方面へメール昼過ぎ、家具出荷作業。夜、「パラダイス仏生山」広報作業。演劇ニュースの紙版作業。

演劇ニュースの紙版、力んで長い時間かけて書くせいか、座卓前に座っていると腰が痛くなる。座椅子が必要かなー。でも邪魔になりそうだしなー。



10月9日(日)

案の定、腰痛。ストレッチしたりマッサージしたり半身浴したりするも改善せず。まいった。腰痛のことしか記臆に無い。



10月10日(月祝)

出勤日。引き続き腰痛。それ以外覚えてない。
で、3連休終了。
posted by 植田良子 at 09:53| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

ラジオで喋るコツ

10月6日(木)

午前、ラジオ出演。「あいまいさは罪じゃない」と「パラダイス仏生山」について。テーマは『演劇を体験する』。とっちらかった感があり、反省。でも、今回はじめて、パーソナリティーの中桐くんと上原さんと“会話する”感覚をつかめた。聞いてくれている人たちのことを忘れてはいけないけど、まずは目の前のお二人と会話しなくちゃね。

帰りに宮脇書店南本店に寄って大量仕入れ。本を買うこと自体がストレス発散になるんです。

午後から夜にかけて、演劇作業。

今週は体がダルいのと眠いのとであまり作業できず。台風の影響もあるだろうけど、疲れが抜けないかんじ。
posted by 植田良子 at 08:55| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

蛸蔵ラボに行ってきた。高知県人と香川県人の気質の違いについて。

10月2日(日)

蛸蔵ラボを観に、ポケティ宮田と高知へ。高知市内に入って、先日の清水宏さんライブ会場であるメフィストフェレスを観に行こうと(私は足を運んでなかったので)駐車場を探していたら、日曜市に遭遇。そりゃあ覗くよね。しかも隣接して豊穣祭というイベントもやっていて、色々と物色した。食べた。見慣れぬ野菜や食べ物があって面白かった。観光ですな。あ、メフィストフェレスにもちゃんと行った。

そして蛸蔵へ。高知県人の思い切りの良さとパワフルさを存分に見せつけられた企画だった。演技にしても、決して上手いとは言えなくても思い切りが良いので好感が持てる。子供鉅人の「オノマトペプロレス」も、高知陣はなんだかわからないけどとにかく勢いだけはある。ルール無用。本来の楽しみ方とは大分ズレていると思ったけれど(笑)、それはそれで楽しかった。けいぞうさん、素敵でした!

高知の演劇人と話をしていると「香川がうらやましい」と言う。逆に私は高知がうらやましいと思っていた。でも蛸蔵ラボで高知演劇人を観ていてわかった。高知人と香川人は気質が違う。まったく違う。高知の真似は香川演劇人にはできない。演劇人でネットワークを作ってみんなで盛り上がることは香川ではできない。今まではその理由がわからなかったのだけれど、高知の演劇人たちを見ると、香川のひとたちはここまでオープンではないと思った。むしろ内向的だ。テリトリーを気にする。それは自分も含めてだ。高知の人たちは、外から見た勝手な印象だけど「まあとりあえず飲もう。それからだ」と理由も無しに飲み会をはじめることができるが、香川の人たちは飲み会をするにも理由を必要とするよう。更に「誰が言い出すか」とか「飲みにケーションの是非は」などと言い始めたりする。うざい。そういうところは高知がうらやましく思う。

でも私は香川県人なので、香川でできることをやらなくてはならない。他の地域の活動を参考にしつつ、香川独自のやり方を見つけたいのだ。

2016-09-14 10.45.30.jpg

posted by 植田良子 at 12:20| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

きっと、ブレない

9月30日(金)

午前、演劇作業。来週の西日本放送ラジオ原稿作成など。お昼頃、休憩にと雑誌「ゆほびか」に付いていた「脳の疲れをとるCD」という怪しい音楽を聞きながらリクライニングチェアーに座っていたらすとんと寝てしまい、目が覚めたら夕方だった。変に寝たせいで夜も眠く、早々に就寝。



10月1日(土)

午前、美容室。午後、演劇祭チラシ作業など。夜、フリーペーパー作業など。

9年前の自分が書いた文章を読んで、動揺している。あれは一番苦しかった時に書いた文章だ。嘘は書いてないけど嘘だ。でも反面、安心した。あの一番苦しかった時にこれだけのことが書けるのであれば、私はこの先どれほど苦しい場面に遭遇しても大丈夫だ。きっとブレない。

posted by 植田良子 at 08:15| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

覚えてない

9月29日(木)

この日記は翌日に書くことが多いのだけれど、30日昼現在、昨日なにをしたのかがほとんど思い出せない。家具作業でイラレをいじっていたことは覚えているのだけど、、、。うーむ。

posted by 植田良子 at 12:45| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

前田くんと川田くん

9月28日(水)

ウトウトするだけであまり眠れず。そのくせ頭はハッキリしていたので出勤前に次々と演劇作業をしたら、すっかり疲れてしまった。午前から午後イチ、演劇作業。「パラダイス仏生山」広報作業、次回ラジオ原稿作成など。夕方、家具配達。夜、シアデザ広報チャットミーティング。「誰に見てもらいたいか」ということについて。

前田くんと川田くんの話をしよう。(かっこよさげな導入)

先日の飲み会で2人と一緒になったときに同席した人から「どういうきっかけで知り合ったの?」と聞かれ、13年前を思い出した。2人は市民劇「さぬきシェイクスピア」の現場に、大学のカリキュラムの一部として参加していたのだ。

その頃から川田くんは現場でコマコマと動く人だった。よく気のつくやつ。それに比べると前田くんは稽古場で他の参加者たちとたわむれていることが多く、一見なにもやっていないかのように見える人だった。私も最初は「川田くんは使えるけど、前田くんは、、、」と思っていた。でも違ったのだ。「学校の授業で来ているんだったら、何かを残していきなさい」と前田くんに忠告したあと、彼はひとりで大きな企画を考えて実行したのだ。一方で、川田くんはそういう作業は苦手なようで、ひたすら現場で「役にたつやつ」になっていた。このとき私は「適材適所」という言葉の意味を実感した。得難い経験だった。

そして今も2人との交流は続いている。川田くんは今やシアデザの相棒だ。前田くんは困ったときに相談すると的確なアドバイスをくれる。そういうかたちで学生と触れ合う機会はそれっきりだったので比べようがないのだけれど、この2人で良かったなと思うのであった。おわり。

posted by 植田良子 at 06:53| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

技術とセンスとコミュニケーション力

9月27日(火)

朝から胃がムカムカする。午前、家具作業。午後、店で演劇作業。演劇祭チラシなど。夜、体調が悪くてWSD集会@岡山に行けず。フリーペーパーを書いたり、シアデザ広報委員会チャットミーティングなど。

「関じゃむ」という番組に出たユニコーンが、1枚の写真から即興で曲を作るという企画をやっていて、55分で演奏するところまで仕上げていた。興味深くて3回見たんだけど、最初は演劇創作と重なる部分があるなあと思いながらだったのが、集団創作全般にも通じるところを感じた。まずはセンスと技術。そしてコミュニケーション力。ユニコーンは一度解散していて、そして全員がオッサンになってから再結成した。若いときからセンスと技術はあった。でもコミュニケーション力が足りなかったのではないだろうか。しかし今や、荒波を乗り越えたオッサンたちである。「うまくやる」ということを覚えたのではないかしら。それもコミュニケーション力のうちだと思う。そしてそれは会議の進行とも似ているかもしれない。

写真はフリーペーパー。

2016-09-27 17.33.52.jpg
posted by 植田良子 at 00:22| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

フリーペーパー、はじめました

9月26日(月)

店休日。今日も作業は少なめに、ぼちぼちと。

フリーペーパーをはじめた。手書きで。字が上手いわけでもセンスがあるわけでもないけど、始めることが大事だと思ったので。あとは練習あるのみ。

Twitterの「かがわ演劇ニュース」とシアデザ公式アカウント、最近滞っているが「スズメチームの演劇みてあるき」、自分のブログにTwitter。そして今回のフリーペーパー。これらが目指すところは同じだ。それは「情報」を届けることではない。「存在」と「熱意」を伝えることだ。そしてそれはコツコツと積み上げる必要のあるものだ。私たちが目指しているのは「演劇のフォロワー」を増やすことだから。

ちなみに、「かがわ演劇ニュース」は内藤さんが、シアデザ公式Twitterは武智さんに任せている。最初はひとりでは手が回らなくなったから頼んだのだけれど、今は正解だったと思っている。熱意は1種類ではないし、演劇への関わりかたは1種類ではないことを教えてくれる。


posted by 植田良子 at 07:42| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする